ビットコイン取引所の手数料が一番お得なのは?【徹底比較】

ビットコインを中心とした仮想通貨の投資、今アツいですね。これを読んでいるあなたも、「ビットコイン投資をはじめてみるか!」と考え、行動を起こした一人ではないでしょうか。

ちなみに、投資においては「いかにコストを抑えるか」が重要と言われています。これはビットコイン投資でも同じです。取引所によって売買手数料や入金手数料は変わるもの。これらの手数料は低ければ低いほど、投資で得られたあなたの利益を守ることができます。

今回は、ビットコイン取引所の手数料を徹底比較。ビットコイン投資の初心者にピッタリな一番お得なビットコインの取引所を紹介したいと思います。

ビットコイン投資に必ずかかる代表的な手数料をご紹介

ビットコイン取引所の手数料の比較の前に、まずはビットコイン投資で必ずかかる代表的な手数料をおさらい。今回は、ビットコイン投資の初心者向けの解説。日本円でビットコインを買い、ビットコインの価格が上がったときに売却し、その価格差で利益を得るビットコインの基本中の基本の投資方法でかかる手数料を解説しましょう。

※銀行口座からの入出金を前提としています。

ビットコイン投資で必ずかかる手数料は主に4つあります。

(1)入金手数料/自分の銀行口座からビットコイン取引所の口座に日本円を送るときにかかる手数料となります。

(2)売買手数料/ビットコインの取引所に入った日本円で実際にビットコインを売買するときにかかる手数料になります。

(3)送金手数料/ビットコイン取引所口座からウォレット(自分だけが持つビットコイン専用のお財布)に送金するときにかかる手数料です。取引所の口座にずっとビットコインを置くとサーバー攻撃などで盗まれるため、必要となります。とは言っても少額な場合は自分のウォレットに送金する必要がないことも…。理由は後術します。

(4)出金手数料/ビットコインを日本円に替えるとき。具体的にはビットコインを自分の銀行口座に振り込むときにかかる手数料です。

ビットコイン取引所、手数料を比較して一番お得なのは

さて、そしたらいよいよビットコイン取引所の手数料の比較に入りましょう。と言っても日本国内には様々なビットコイン取引所があり、今や乱立状態。女優の成海璃子が踊って紹介する『bitFlyer』や「お兄さんも分かっていなんだろう」と双子の出川が出て来る『coincheck』。CMには出てないけど、有名な『Zaif』など…。

各企業が積極的に事業展開しているということは、それだけ成長の見込みがあるということなのでしょう。ビットコイン関連の雑誌でよく紹介されているビットコイン取引所だけで10社以上あります。これらすべてを比較すると、初心者の方にかえって分かりにくいと思いますので、ここでは、代表的なビットコイン取引所の手数料を比較します。(2018年1月1日時点)

  bitFlyer coincheck zaif
入金手数料

各銀行で異なる

例)三井住友銀行(3万円未満:216円/432円)

各銀行で異なる

例)三井住友銀行(3万円未満:216円/432円)

各銀行で異なる

例)三井住友銀行(3万円未満:216円/432円)

売買手数料

0.15%(10万円以下)

0.14%(10万〜20万円)

無料 −0.01%
送金手数料 0.0008BTC 0.001BTC 0.001BTC
出金手数料

三井住友銀行の場合

3万円未満:216円/3万円以:432円

その他の場合

3万円未満:540円/3万円以上756円

一律400円

50万円未満:350円

50万円以上:756円

 

表になってもわかりづらいですかね…。各項目でまとめて行きましょう。

まず、(1)に関して。どの取引所の手数料も「各銀行によって異なる」と記載があります。私は三井住友銀行口座を持ってビットコインの取引しているのですが、入金に関してはどこの取引所でも変わりません。

(2)に関しては各取引所によって異なるようですね。私自身は10万円以下で投資を行なっています。これをご覧になっている方も「ビットコインに投資してみたいけど、投資の初心者だしなんだか怖いから少額から始めよう」と思っている方がいるはず。ですので、「10万円以下の売買」で比較しましょう。

「bitFlyer」は10万円取引すると150円手数料として取られます。「coincheck」は0円。おや、「Zaif」の手数料はマイナスがついてますね。ということは10万円の取引をするとZaifから10円もらえるようです。

(3)に関しては、「bitFlyer」の0.0008BTCが良さそうですね。ただここで注意したいのが、今0.0008BTCがいくらするのかって話。今1BTCは約152万円。0.0008BTCだと1218円も手数料がかかってしまいます。地味に高いですね…。

自分のウォレットに送金するのは、よりセキュリティ効果のあるウォレットに移動させて、取引所がサーバー攻撃された際でも、自分のBTCデータが盗まれないようにするためのもの。しかし、取引する度に自分のウォレットと取引所の口座間でBTCを移動させると、送金手数料だけで資産が減ってしまいます。

今は取引所でも、所定の条件はあるものの100万円以下までなら不正ログインでBTCが盗まれても補償するサービスがあります。上記で言うと、bitFlyerやcoincheckが補償をスタートさせました。そのため、10万円以下であればウォレットへの送金はなしと考えて良さそうです。

(4)に関しては、いくら出金するのかで一概にどこが良いのか言えません。というのも、投資スタイルにこれは関わるからです。

あなたが10万円の投資だけで終わらせるのか。例えば、10万円元本に月々1万円なり追加で資金を投入して投資資金を増やして運用するからで、利益の大きさも変わってくるからです。ここは保留としますか。個人的には、50万円未満で出金する予定なので、「Zaif」が魅力です。

Zaifがお得だけど、ビットコイン取引所は複数持つのが吉

(1)〜(4)まで比較を終えました。今回結果的に着目したのは「入金手数料」と「売買手数料」と「出金手数料」。結論から言うと、個人的には「Zaif」が良さそうです。売買手数料でわずかながらもお金が入ってくるのは大きいでしょう。

私自身は、毎月決まったタイミングで決まった日本円でビットコインを購入するビットコインの積立投資を行なっています。ちりも積もれば山となると言うもので、この売買手数料の‐0.01%はバカになりません。初心者は「『Zaif』が良さそう」と考えていいでしょう。

ただですよ。ここまで散々、各取引所の手数料を比較しましたが、実際のところは「BitFlyer」も「coinCheck」も登録だけはしたほうがよいと思います。この3つはかなりメジャーな取引所ですし、実際に使ってみて取引画面が「分かりやすい」「分かりにくい」など、取引所とあなたの相性があるからです。

また、今回は手数料の視点で比較しましたが、各取引所で特徴的なサービスもあります。例えば、「bitFlyer」は「bitFlyer」経由でじゃらんや楽天で買い物をすると、購入金額の数パーセントをBTCとして受け取れる仕組みがあります。

私は楽天会員でもあるので、「BitFlyer」経由で楽天にログインしてお買い物をすれば、「bitFlyer」からBTCを、楽天から楽天ポイントをいただけます。これは地味に嬉しいです。もらえるBTCは僅かなものですが、BTCが再び高騰した場合、数百円だったものが数千円相当に!なんてこともゼロではありません。

取引所選びで迷っているなら、まずはアカウントだけ作ってみましょう。そこで何か気負う必要は全くありません。開設にお金はかかりませんから。数ある中から自分なりに使って一番ベストな取引所を選ぶのが納得度も高いと思いますよ。

では、うんこがしたいのでこの辺で…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました